菊切手

切手買取メイン画像

菊切手

高額買取が期待できる切手!:菊切手

普通切手と言うのは、郵便局に行けばいつでも購入が可能な切手の事を言います。
しかし、一言で普通切手と言っても、その種類は多種多彩であり、切手を収集している人にとっては集める楽しみと言うものが在るのです。
現在入手が出来る普通切手と言うのは、図案が変更されるまでの間は印刷が行われ、郵便局の中などで販売が続けられます。
そのため、切手買取りに出しても高額での評価は行われることが在りません。

むしろ、図案が変更になり、郵便局では手に入らないものが切手買取りにおける対象となると考えれば良いと言えましょう。

普通切手には、色々な種類が在りますが、古い時代の切手ほど切手買取りでの評価は高くなります。
普通切手の種類の例を幾つか挙げると、手彫切手、旧小判、菊切手、大正白紙、1次昭和、2次昭和など古い時代の切手には様々な種類があるのです。

これらの切手は発行されていませんので、当然ながら郵便局で入手をすることは出来ません。
切手の専門店のみでしか扱っていないわけです。
また、切手の専門店でも希少性が高いものなどは入手が困難な物も有ります。

先ほど例として挙げた切手などもそれに該当します。

因みに、菊切手と言うのは過去に偽造事件が起きたと言われている切手でもあり、偽造事件が起きた事で切手に透かしと呼ばれる模様を入れる事で偽造防止につなげられたと言う言われと言う物が在ります。

尚、菊切手は、1899年から 1908年の間に発行された切手で、切手の中央部分には、菊の御紋章が大きく入れてあるのが特徴です。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る