切手趣味週間

切手買取メイン画像

切手趣味週間

高額買取が期待できる切手!:切手趣味週間

見返り美人、月に雁と言う切手は、切手買取りでも高い評価を得ています。
また、これらの切手は有名な切手でもあり、収集家の間では憧れのある切手でもある事からも、切手買取りでの評価は高いと言えます。
これらの切手は、切手趣味週間と呼ばれるシリーズ切手になります。

切手趣味週間は毎年1年に1度発行されると言う特徴があるのですが、見返り美人が一回目の発行の切手であると思っている人が多いものです。
見返り美人は1948年11月29日に発行されたものなのですが、これよりも1年前の1947年11月1日に発行されたものが第一回目になります。

第一回目と言う事もあり、切手買取りでの評価も高くなるのですが、第一回目の切手趣味週間の切手は、普通切手と同じデザインのものがそのまま利用され、それを小型シートに収めたものとなっています。
普通切手は、郵便局で完売されるまでの間発行される切手と言う特徴があるのですが、この小型シートに収めることで価値も変わってきます。
因みに、この小型シートに使われている普通切手と言うのは、第一次新昭和と呼ばれる時代に発行された、富士山が描かれた切手になりまます。
この普通切手は、四隅には目打ちが無く、使う時にはハサミを使って切り取り利用をするタイプになっています。

そのため、小型シートの場合も同じように、利用する時はハサミを使って切り取って使っていたのです。
因みに、この富士山は画家でもある北斎が描いた富士山が描かれているのが特徴です。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る