立山航空

切手買取メイン画像

立山航空

高額買取が期待できる切手!:立山航空

切手買取りを行った時に、高額での買取りや切手買取りの評価を高くしてくれる切手には、条件と種類と言う2つが有ります。
高額買取りにおける条件と言うのは、出来る限りシートであることや、保管状態が良い事です。
また、切手の種類によっては希少価値が高く、切手買取りでの評価も高くなると言えます。

古い時代の切手は、長い期間保管をしていますので、日焼けがしていたり、裏面の糊が剥がれかけている物も有ります。
これらは査定においては値を下げることになりますが、希少性が高い事からも、それほど大きく査定を低くする要因にはなりません。

立山航空と言う特殊切手が在ります。
この切手は切手買取りの中でも高い評価を得られる切手でもあるのです。

これは1952年2月11日に発行されたもので、航空切手のシリーズ切手になります。
55円、75円、80円、85円、125円、160円の6種類があり、全て同じ図案の切手です。
色がそれぞれ異なる事と額面が異なりますので、違いは明確になります。

そもそも立山切手などの航空切手と言うものは、国内や日韓における航空郵用として昭和4年に発行されたもので、戦争中はその発行が一時的に中断されています。
また、戦後に発行が復活されたものの、昭和36年以降は発行が行われていません。

尚、立山航空切手には、2つの種類が有ります。
一つは額面に00と下線が付いているもの、もう一つはそれが無いものです。
額面に00と下線が付いているものが1952年2月11日発行され、後に円単位立山航空切手として1952年7月1日に発行が行われています。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る