破れがある

切手買取メイン画像

破れがある

買取出来ない切手とは?:破れがある

切手買取店では破れのある切手は買取りできません。
破れのある切手も場合によっては使える場合もあります。

完全に切断されているわけではなく一部だけ破れているだけにすぎない場合はそのままはりつけて使えるのです。
しかし切手買取りで買い取りの対象となっている切手の多くは普段使いをするための切手ではなくコレクションをするためのものとなります。
コレクションする方はできるだけきれいなものをコレクションしたいと思うものですので実際に使えるものであったとしても買おうとしません。
そのために切手買取り店では最初から誰も購入しないものは買取りに対応しません。

ですので切手買取りに切手を売るときには細心の注意をしなければいけません。
ぞんざいに扱ってしまいますと誤って切手を破ってしまうこともあります。
また、シートごと購入した場合にはそれぞれをバラバラにしようと思ってミシン目を切らないようにしてください。ミシン目を切るときに敗れてしまうことが多いのです。
そもそもシートの場合はそのままで売却するほうが買取額も高くなりますので余計なことをしないほうが賢明です。
また、切手は郵送買取りも可能でその時には台紙に切手をはりつけて売却することもありますが、このときにも誤って切手を破ってしまうことがあります。

どうしてもミシン目を切らなければいけない場合にはゆっくりと切るようにしてください。早くしようと思いますと破れてしまいます。
また不安があるならカッターなどできるのも一つの方法です。この時も間違えて切手そのものを寸断してしまわないようにしてください。
破損してしまった切手はもう売れませんので自分で使うしかありません。
キレイな状態に戻したいのでしたら郵便局に行って交換してもらうのもおすすめです。
破損のあるものでどうしても価値があるので売却したい場合にはネットオークションで売却することが可能です。
破損があっても欲しい方がいれば買取りされます。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る