耳が折れている

切手買取メイン画像

耳が折れている

買取出来ない切手とは?:耳が折れていてかつ汚れている切手

切手はシートと呼ばれるものから切り離しをして利用していきます。
シートと言うのは、1つのシートの中に同じ種類の切手が10枚、20枚、50枚、100枚などが収められている物を意味しています。
これは切手の種類などにより、1つのシートの中に収められている切手の枚数は異なります。

例えば、郵便局などで、封書に貼る切手を購入する場合は、必要枚数を郵便局の局員さんに告げる事で、大きなシートから注文数分の切手を切り離して販売をしてくれます。
封書に貼る切手は現在では80円となりますが、80円の普通切手は1枚のシートの中に100枚が印刷されているのです。

また、シートの四隅には白い枠が付いていますが、これを耳と言います。
シートのままにしておくことで、切手買取りの査定でも重視されると言う、目打ちが傷まずに済みます。

切手は、切り離しやすくするために、切取り部分をミシン目にしてあります。
これを切り離すことで切手の四隅はギザギザの形になるわけですが、このギザギザ模様でもある目打ちの状態により切手買取りの評価も変わります。

そのため、切手買取りを行う場合、シートの場合は、目打ちの良し悪しは関係無くなります。
また、1シートに20枚が収められている切手をバラで20枚買取りして貰う場合と、1シートを買取りして貰うのでは、シートで買取りをして貰った方が高く売ることが出来ます。

しかしながら、シートの耳部分が汚れていたり、一部分が折れている事で、切手買取りでの評価と言うものはマイナスになってしまうのです。

シートの耳と言うのは、切手として利用する部分ではありませんので、多少なり汚れていても問題が無いようにも考えられるのですが、買い取られた切手は再び販売を行う事になりますので、汚れている事でシートとしての販売が出来なくなります。

これはバラ品のみでしか販売を行う事が出来ませんので、販売における選択肢と言う物が限定されることになるわけです。
通常ならば、シートとバラの両方で販売することが出来るものが、シートとしての価値を失っていますので、シートをばらして販売をしなければならないと言う形になるわけです。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る