消印がある

切手買取メイン画像

消印がある

買取出来ない切手とは?:消印がある

切手は葉書や封書に貼りつけ、それをポストに投函する事で郵便局の職員さんが回収を行い、郵便局で消印を行うなどの処理をして郵送されることになります。
この消印と言うものは、切手が利用されたことを証明するもので、必ず切手には消印のスタンプが捺印されることになります。
また、このような切手の事を使用済みと呼んでおり、切手買取りの中では切手買取りが出来ない種類になります。

しかし、切手買取りを行うお店の中には、使用済みの切手でも買取りをしてくれるお店も有ります。
但し、買取り価格と言うのは、100枚で数円と言うものであり、決して高く売れるわけでは有りません。
スタンプが押される事で、一気に価値がなくなるわけです。

因みに、切手買取りの中でも消印が在ることで価値を高めるタイプの切手も在ります。
これは切手だけを買取りに出しても意味が有りません。

葉書などに貼れている切手に、綺麗な状態でスタンプが押されているものが条件となります。
スタンプの外側には丸い円が有ります。
この円は綺麗な円が絵が描かれているのがポイントです。
また、郵便局の名前や日時などがはっきりと捺印されているものは、切手買取りにおいて評価が高くなるのです。

但し、これには一つ困った事が有ります。
それは葉書や封書に貼られている切手が対象になるわけで、封書の場合は送り先の氏名や住所と、自分の氏名や住所がそのままの状態で買い取られることになります。
また、封書の場合はこれらの情報だけですが、葉書の場合は葉書に書かれている文章もそのままの状態で買い取られることになりますので、個人情報を自ら漏洩させてしまう事になるわけです。

因みに、古い時代の希少性のある切手の使用済みと言うのは、切手買取りの中でも評価は高くなります。
これは収集家などが買取りを希望する事もあるため、使用済みの切手でも希少性があれば買取りを可能にしてくれると言われています。
尚、このような切手を買取りに出す場合は、葉書や封書などから切手部分だけを綺麗に剥がさず、スタンプは押された部分を入れた状態でハサミでくり抜いて持っていく方が良いと言います。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る