汚れがある

切手買取メイン画像

汚れがある

切手買取業者ではコレクション性のある切手の買い取りをしています。
そのために汚れのある切手は買取の対象とならないことも多いのです。
切手買取りをしてもらう前には必ず汚れがないかのチェックをしてください。
汚れは表のみならず裏も影響します。表がきれいであったとしても裏がああまりにも汚い場合には買取りしてもらえない場合もあるのです。

また切手シートの場合には切手の部分そのものはきれいであってもシートの部分が汚くなっていますと買取りできない場合もあります。
記念切手のシートの場合はシートの部分も鑑賞して楽しむ方が多いからです。
少しでも汚くなっていますと買いたくない方が多いのです。
ただ切手買取り店によってどの程度の汚れが買い取りできないのかの基準の違いがありますのでほとんど肉眼では分からないくらいのものであった場合には切手買取店に問い合わせるようにしてください。
非常に価値の高いものでかなり古い切手でしたら少々汚い部分があっても買取りに対応してもらえる場合もあります。
ただし殆どこれは例外になります。

また古い切手の場合は故意に汚さなくても経年による劣化によってシミができてしまうこともあるので注意してください。
将来的に売るつもりの切手などは必ずストックブックなどに入れておくようにしてください。
また直接手で触らないようにしてください。手についている汗などが切手に染みついてしまいますとあとでシミができることもあるからです。
また湿気の多いところにおいていますとカビが発生することもあるので注意しなければいけません。
汚くなった部分は洗浄をすると取れるように思うかもしれませんが、余計なことをすると切手そのものがボロボロになりますので気を付けてください。
切手買取り店で買い取ってもらえなかった切手はオークションに出すという方法もあります。
シミなどがついているものに関してはそのことを明記した上でそのことを了承できる方に落札してもらうようにしてください。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る