国際文通週間

切手買取メイン画像

国際文通週間

切手買取へ出す前に│知って便利な豆知識:国際文通週間

切手ブームが起きた時代は、多くの人が切手収集を行ったものです。
この切手ブームと言うのは、1960年代頃から1970年代にかけての時代で、多くの人が郵便局で並んで切手を購入していたと言う時代になります。

切手ブームの時代では、収集家はテーマ毎に切手を収集してると言う特徴が有ります。
これは切手の種類と言うものが膨大にある事からも、テーマを絞り込んで収集をしていくことで、その量も増えていき、楽しみも広がるという事でもあるのです。

ブームの時代では、切手収集を行う多くの人が憧れた切手と言うものが在ります。
例えば、国際文通週間の蒲原と言う切手などは希少価値がとても高い切手で、憧れの1枚でもあるのです。

国際文通週間の切手と言うのは、1年に1度の割合で発行されている切手で、第一回目の発行は1958年10月5日に発行された「京師」と呼ばれる切手になります。
また、「蒲原」と言うのは、1960年10月9日に発行されたもので、切手買取りの中では高い評価を得られる切手の1枚でもあるのです。

この切手は1年に1度の割合で発行されることからも、切手収集を行う人にとってはとても魅力的な切手のシリーズでもあるのです。
また、「蒲原」の額面は30円ではありますが、切手買取りの中では、数倍から数十倍もの価格で取引が可能になるとしています。

尚、切手買取りでの査定と言うものは、切手1枚よりもシートの方が切手一枚当たりの単価は高く評価されることになります。
このシリーズは、現在でも発行が続けている切手でもあり、1958年から2013年までの間には数多くの種類の切手が発行されているのです。
昔は1年に1度1枚だけが発行されていましたが、1987年10月6日からは一度に2種類の切手が発行されるようになり、現在では一度に4種類の国際文通週間の切手が発行されるようになっています。

この事からも、昔の国際文通週間の切手と言うものは、切手買取りにおいても評価と言うものが高いと言う特徴があるのです。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る