切手買取の相場って?

切手買取メイン画像

切手買取の相場って?

切手買取の相場って?

切手買取店で不用になった切手を売る場合はできるだけ高いほうが良いものです。
最近ではパソコンや携帯の普及で瞬時に相手にメールが届くようになり、切手の需要が低くなってきています。
現在の切手相場より将来の切手相場のほうが低くなることが予想されます。
もう使わないなと思ったときが売り時でしょう。
このように切手相場は需要に左右されますが、保存状態の良し悪し、発行枚数の少なさによっても変わってきます。
同じ切手なら誰しもキレイな切手のほうが良いです。
切手コレクターも昔ほどは少なくなりましたが、こういったコレクションしている方々に人気がある希少な記念切手なども高く売れます。
また、バラよりもシートで売ったほうが高くなる傾向があり、1枚ずつ売るよりまとめて売ったほうが良いでしょう。
外国の切手も買取可能な切手買取店もあり、中でも30年から50年前の中国切手は人気が高く良い値段が付くことがあります。
日本では使わないから売れないだろうとあきらめずに一度査定を申し込んでみると良いです。
切手を高く売るには相場を知っておくと良いのですが、シートの普通切手の買取相場はおよそ80%と言われています。
たとえば100円普通切手なら80円で売れるという事になります。
バラになりますとこれよりパーセンテージが低くなります。
2014年4月からの消費税増税で25グラム以下の定形郵便物(手紙)は80円から82円、はがきは50円から52円になります。
これに伴い新しい切手が販売されることが予定されており、80円切手や50円切手は人気が低くなると見られています。
消費税増税後は買う人が少なくなるので、現在の切手相場より大幅に低い値段しかつかないかもしれません。
持っている方はお早めに売ったほうがよいでしょう。
切手買取店では郵送買取にも対応しており、お近くに切手買取り店がない方でも簡単に申し込めるようになりました。
送料も無料ですし、全国どこからでも郵送できるので切手を売りたい時にとても便利です。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る