鑑定書の有無

切手買取メイン画像

鑑定書の有無

切手買取の注意事項│基本:鑑定書があるかどうか

切手買取に切手を売却する場合には鑑定書も忘れずに一緒に出して査定してもらうようにしてください。
鑑定書はその切手が本物であることを照明するものです。高額な切手を購入したときに最初から鑑定書がついていた場合には必ずつけて売却しなければいけません。
もしもない場合には鑑定をしてくれる機関で鑑定してもらって書類を発行してもらってください。
これがなければ買取に応じてもらえない場合もあります。

ただしすべての切手にこれが必要になるわけではありません。
一般的にはかなりの高額な切手買取りをするときのみになります。
普通の記念切手などを売却する場合には必要ありません。額面よりも高く査定される切手であっても近年に発行されたものの場合は大体は鑑定の書類は必要になりません。
本物なのかどうかの判断は木って買取り店のスタッフが自力でします。

証明が必要なものかどうかの基準が分からない場合には切手買取りのほうに問い合わせてみるのも方法です。
一部の切手で証明書が必要になる理由ですが切手をコレクションしている方の多くは本物の切手を欲しいと思っています。
自分では本物なのかどうかを判定することができませんが、鑑定書があれば本物であることを確信できます。
このために鑑定のあるもののみを切手買取り店も買取しているのです。
また鑑定なしでも買取りをしてくれるところもありますがそのようなところでも鑑定の書類があれば買取額がアップします。

鑑定してもらっても鑑定料が高くつくのであれば意味がありません。
事前に仮査定をしてもらってから鑑定するかどうかを決めるのも方法となります。
ちなみに鑑定の料金ですが切手の価値よりも高くなる事はまずありません。
鑑定料はそのものの価値に比例して決まることが多いのです。
もしも偽物であった場合にはかなり鑑定料が安くつくこともあります。
数十万もの価値のあるもの、大昔のものなどは大体鑑定の書類が必要だと思っておいてください。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る