身分証明書

切手買取メイン画像

身分証明書

切手買取の注意事項│基本:身分証明書を持参

切手買取りと言うのは、買取りを専門に行うお店に依頼をすることで可能になります。

切手ブームが起きた時代は、多くの人が収集を行っていたものです。
このような時代は、記念切手などが発行される当時になると、郵便局が開く前から列が出来て、記念切手を買い求める人が多いものでした。
尚、切手ブームと呼ばれた時代は、1960年代頃から1970年代頃で、この頃収集をしていた人も、切手収集を行う事を止め、収納の奥にしまい込んだままと言う人も多いのではないでしょうか。

切手買取りと言うのは、額面を下回るため、買取に出しても高く売れないとか、二束三文だから家に保管をしておいた方が良いなどと言われていますが、全ての切手が安値で取引が行われるわけではなく、中には希少価値が高いものなどは、切手買取りでの評価は高くなり、高い値段で売れるものも多く在ります。

特に、切手ブームと呼ばれる時代の前に発行されたものなどは、希少価値が高い物が多い事からも、切手買取りを行うお店では買取り査定が高くなるとも言われています。
また、買取りを行うお店によっては、破れていたりしているものでも、買取りを可能にしているお店もあると言います。

尚、切手と言うのは、単品よりもシート単位の方が高く売れると言います。
小型シートなどもバラ品よりも高く売れると言う事でもあるわけです。

所で、切手の買取りと言うのは古物商に分類されています。
古物商と言うのは、古物営業法に規定される古物を売買するお店の事であり、このようなお店に切手を売りに出す場合には、身分証明書の提示が必要になるのです。

この身分証明書は単に年齢を調べると言う事ではなく、古物に対しての偽造などを防止する目的が在ると言います。
偽物の商品を本物の商品として売買する事は禁じられているように、切手にも偽物を本物と偽り販売する事は出来ないわけです。

そのため、切手買取りを行う場合には、必ず身分証明書と言うものを持参してお店に出かけなければならないのです。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る