買取パーセント

切手買取メイン画像

買取パーセント

切手買取の買取パーセントって何?

切手をもう利用しないので売りたいという方は多いのではないですか。
切手買取価格は需要によって左右されます。
日々変動しているので一概には言えませんが、シートの普通切手であれば額面の70%~80%くらいの買取パーセントです。

比較的低料金のバラの普通切手になりますと40%くらいの買取パーセントに落ち込んでしまう傾向があります。
バラの切手は買い手が少ないこともあり、切手買取店によっては買い取っていないこともあります。
記念切手でも発行枚数の多いものは安く、少ない希少な昔のものはプレミア価格が付くことがあります。
1銭2銭といった昔の切手でも10万円の値段が付いたというケースもあります。
昔の切手を沢山持っている方はこのような驚きの価格が付くものがあるかもしれません。

使用済み切手でも売れることがあります。
古い切手が貼られた昔の封書をお持ちの方は値段が付く可能性があります。
こういった昔の切手をコレクションされている方に需要があるので売れることがあるのです。
インターネットの普及でメールを使う方がほとんどになり、切手を利用する機会が大幅に減っています。
これからもこのような傾向が続くと予想されますので、次第に切手買取の買取パーセントは下がってしまうかもしれません。
春の消費税増税後は50円から52円、80円から82円に郵便はがきの値上げが予定されているので、今現在の50円切手80円切手に2円切手を加えて貼ることが必要になります。

手間がかかるようになるため新しい切手のほうに需要が移って、50円切手80円切手は需要が低くなると見込まれています。
先ほど述べたように切手買取価格は需要で左右されるので、もう50円切手80円切手を使わないなら早めに売ったほうが良いでしょう。
最近の切手買取店ではホームページを開設しており、どんな切手を買い取っているのか分かりやすく紹介しています。
切手買取店によって買い取れる切手、買い取れない切手がありますので、お持ちの切手がこの切手買取店で売れるかどうか事前に確かめると良いです。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る