シートとバラ

切手買取メイン画像

シートとバラ

シートとバラだと買取り価格って変わる?

切手買取りには、切手のシート品とバラ品の二つが切手買取りの対象となります。
この二つを比較した時に、切手買取りにおける査定と言うものには差と言うものが生じることになります。

例えば、バラ品が1枚で切手買取りを行う場合には、10円と言う買取り査定が行われても、それが1シートに20枚の場合では200円と言う査定ではなく、300円と言う具合に査定評価が変わるのです。

切手と言うものの多くは市場の中に溢れていると言います。
しかし、単品で売るよりも、数が多いシート単位で売った方が高く売れるのです。
それはなぜなのでしょうか?という事です。

切手はそもそも、複数の切手を一枚に収めて印刷を行います。
郵便局で切手を1枚くださいと言うと、そこから1枚を切り離して購入する事が出来ます。

切手には四隅にギザギザが有りますが、これは目打ちと呼ばれるものです。
目打ちは綺麗な程切手の評価を高めてくれるのですが、切り離す際に綺麗に切り取れない事もあります。

目打ちは綺麗に切り離せば、綺麗なギザギザ模様になりますが、そうではない場合は、ギザギザ部分がいびつな形になります。

切り離す前の状態のものは、目打ちと言うものは丸い穴が開いているものですの、綺麗な状態を保ってくれます。
それ故に、シート単位の方が査定評価としては高くなるのです。

また、切り離されることで切手には指紋や汚れが付きやすくなります。
切手収集を行っている人の多くは、専用のピンセットを使い丁寧に扱いますが、郵便局などで切手を切り離す場合は直接手で触れて切り離す作業をしますので、そこで指紋が付いたりするわけです。

しかしながら、切り離す前の状態のものには、周りに白い余白が付いていますので、仮に素手で触ったとしてもすべての切手に指紋が付く可能性は少なくなります。
また、四隅の余白と言うものは切手を守る役割もはたしてくれますので、バラ品よりも査定評価と言うものが高くなると言えるのです。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る