切手の状態

切手買取メイン画像

切手の状態

トリビア!切手の豆知識:切手の状態について

切手には色々な種類があります。
最近は色鮮やかな物が多く在りますが、古い時代のものは1色刷りなどの味のあるものが多いのが特徴と言えます。

収集を行っている人は、それぞれ好みの方法で保管をしているわけですが、大半の人はストックブックを使い集めています。
また、人によってはヒンジを使って保管をしているなど様々です。

ストックブックと言うのは、1つのページの中に複数の段に分けられたポケットが付いていて、そのポケットの中に挿入をして保管をします。
ページを開くと、そこには様々な切手が挿入されているわけで、集めている人の考え方に基づいて同じ種類や年代毎に分類するなどをして保管をしています。

ストックブックのポケットと言うものには幾つかの大きさが在りますが、大きめのポケット部分に、小さな物を挿入してしまうと、ポケットの奥の方に入ってしまい、取りにくくなります。
そのため、切手のサイズに合わせたポケットを選ぶ事が大切です。

切手買取りに出す場合は、如何にきちんと保管をして状態を良くしているかが問われます。
指紋が付いているのは厳禁であり、折れ曲がってしまっていたり、傷が付いていたり、破れているものは切手買取りの中での査定評価は低くなります。
また、古い時代のものは、多少なり色あせが起きていても希少性が高いものであれば、切手買取りのお店でも高く買取りをして貰う事が出来ます。

因みに、昭和初期などは現在のような印刷技術が在りませんので、色あせが起きやすくなるわけです。
但し、極端に色があせると言う事は無く、多少なり薄くなったかな、と言う程度になるのです。

尚、切手買取りに出す場合、まとめて出したい場合は、ストックブックから取り出して無造作に何かの箱などに入れるのではなく、ストックブックに収納した状態で持ち込む事で保管状態を維持し、切手買取り店に渡すことが可能になります。
また、切手買取りをして貰った後にストックブックを返して貰いたい場合は、買取りのお店に言えば返して貰う事が可能になります。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る