切手の保管

切手買取メイン画像

切手の保管

トリビア!切手の豆知識:切手保管の方法

切手ブームが起きた時代は、誰もが切手収集に明け暮れたものです。
収集を行う時に利用しているものにストックブックが有ります。
ストックブックは、収集用のアルバムであり、1つのページ台紙の中に、複数の段が設けられていて、その段には切手を収めるためのポケットが付いているのです。

このポケットは、グラシン紙と呼ばれる半透明のタイプや、透明タイプのフィルムを利用した物などが有ります。
グラシン紙は、切手が収められている部分は半透明となっているため、収めたじょうたいのままで見ると、デザインなどが良く見えないと言うデメリットが有ります。
しかし、透明タイプのフィルムと違い、ポケット自体がゆったりしているため、四隅にあるギザギザ部分の目打ちを傷めずに済むと言うメリットも有ります。

また、ストックブック以外にも、スクラップブックを使う方法も有ります。
これは裏面にヒンジと呼ばれる部品を貼りつけ、それをスクラップブックに貼ると言う方法です。
この方法は、ストックブックに入れるよりも、損傷を防げると言うメリットが有りますし、ページを開けば、そこには様々なデザインを見ることが出来ると言うメリットもあるのです。

しかしながら、このヒンジと言うものは保管としては良いのですが、切手買取りに出す場合には少々マイナスな部分も有ります。
と言うのも、ヒンジは剥がすことは可能なのですが、長期間保管をしている事で、ヒンジの跡が付いてしまうのです。
切手買取りを行うお店によっては、多少のヒンジ後はそれほど査定には影響を及ぼさないと言うお店も有りますが、ヒンジ跡が付いている事で切手買取りにおける査定を下げてしまうのです。

そのため、保管を行う場合にはストックアルバムの方が良いと言う人が多いのが特徴なのです。
尚、切手買取りに出す場合は、アルバムをそのまま買取りを行うお店に持っていく方が良いと言います。
これは途中で折れてしまったりするのを防げるからで、ストックブックに入れておけば、損傷を防ぐことが出来るともいえるのです。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る