記念切手の買取

切手買取メイン画像

記念切手の買取

切手買取りと言うのは、収集した切手を買取りして貰う事です。
一言で切手と言っても、その種類は多岐にわたりますが、切手を幾つかに分類すると、記念切手、特殊切手、普通切手、年賀切手等のしゅるに分けることが出来ます。

どの切手も、基本的には切手買取りが可能になりますが、切手買取りにおける評価と言うのは、発行枚数が少なく、希少価値が高いものほど、切手買取りにおける評価は高くなります。
また、切手市場に多くあるものは値を下げ、市場に少ないものは希少性を持つと言えます。

記念切手と言うのは、何らかの記念を記して発行されたものであり、郵便局で常に購入が出来る普通切手とは異なり、予め発行枚数が定められているのが特徴です。

切手ブームの時代は、切手が発行される当日と言うのは、郵便居が開く前から人が並んで切手を購入したものです。
また、記念切手などが発行されると、当日もしくは短期間で切手が完売されるという事が起きていた時代も有ります。
現在では、切手ブームも去り、昔のように直ぐに完売するという事は在りませんが、色合いが綺麗な物や珍しいデザインやシリーズ物の切手と言うのは未だに人気が有ります。

これらは郵便物に貼りつけて利用するものや、今でも切手収集を行っている人などが買い求めているのです。

国内において初めて発行された記念切手と言うのは明治銀婚をお祝いを行った切手です。
これは、1894年3月9日に発行されたもので、赤色と青色のデザインの2種類が発行されました。
この切手の額面と言うのは、赤色が2銭、青色が5銭で、赤色の発行枚数は1480万枚、青色の発行枚数は100万枚となります。

また、この時代の後には関東大震災や戦争などが有りましたので、これらの震災や戦争などにより切手が消失している事も有りますので、これらの切手と言うのは非常に希少性が高いと言えるのです。

切手も時代とともに印刷技術が進化し、徐々に色合いが鮮やかになっており、その時代を象徴すると言えるのです。

切手買取フッター画像

トップページへ戻る